消費税増税対応

消費税増税対応について

★分かりにくい単語が多くございますが、一度最後まで読み通して頂いた後、単語をお調べいただくようお願いいたします。

 

当社では、お客様に定期的に消費税についてご案内しております。

 

7月12日までの、実施内容は下記です。

①請求書・納品書の出力イメージの社内共有をお願いしておりました。

 内税、20日締め、領収書等の見本をご活用ください。

 

②軽減対象商品の確認をお電話、FAX等でご案内させていただきました。

 商品マスタを出力し、対象商品をマーカー等で色分けし、保管をお願いしました。

 

③消費税の情報をQ&Aの形でご案内しました。

 

7月22日から8月2日までの、実施内容は下記です。

アンケートで、「価格改定を予定」とお答えのお客様に、詳細を確認するFAXをお送りしました。

 

8月5日からの、取り組みは、下記です。

消費税増税プログラムのシステムテスト、リリース準備。

カスタマイズのお客様の対応の案内。

価格改定のお客様の確認と対応準備。

 

 

◆共通の基本情報
・ハートコンピューターの複数税率の表示方法 
適格請求書等保存方式にそった表示を致します。
軽減税率の商品には目印をつけ、税率毎の合計は明細行に表示致します。
登録番号の入力は用意し、出力場所も予定しています。金額計算を優先しますので、 2019年10月以降の対応となります。
カスタマイズされている場合は別途有償となります。詳細は下を御覧ください。
イメージをご用意しておりますので、得意先様へのご案内などご活用下さい。
 
◆お客様に事前にして頂きたいこと
・各税務署主催の講習会への参加等で、消費税の情報を取得してください。
・軽減対象商品の精査を行ってください。
◆軽減税率について
基本的な概念
消費税軽減税率とは 
   酒類、外食を除く飲食料品、定期購読の新聞が8%になります。
酒造における軽減対象 酒粕や添加物は? 
   酒粕(食品販売)、甘酒は軽減税税率の対象になります。
仕入れはどうなるの
   添加物もお米も軽減税率の対象になります。
❔軽減税率の対象品目がない場合は関係ない?
  飲食料品の取扱い(販売)がない事業者の方 も「区分経理」が必要となります。
❔軽減税率の商品と詰め合わせした場合はどうなるの? 
   一万円以下で合理的な方法により計算し2/3が軽減対象なら適応します。 
❔区分記載請求書等保存方式とは
   2023年9月30日まで発行できる請求書の形式です。
 
消費税の軽減税率制度に関するQ&A 個別事例編 ※問12~18が酒類に関係する質問です。

 

 
◆カスタマイズ 有償対応
現在、納品書や請求書をカスタマイズにてご利用頂いているお客様は個別の対応が必要となります。
順次対応を行いますが、標準への切替をご希望のお客様は営業担当へご連絡下さい。
 
◆スケジュール
8月から順次リリースを予定しています。最新バージョンのお客様より順次ご対応致します。
進捗をHPに掲載しますので、必ずご確認下さい。
 
◆リリース方法
HP上よりプログラムをダウンロードして実行下さい。
 
◆消費税についてのお問い合わせ
HPお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

 

 

 
◆まとめ
①請求書・納品書の出力イメージを社内に共有してください。
②軽減対象の商品を確認してください。
③各税務署主催の講習会への参加等で、消費税の情報を取得してください。