· 

令和3年度 税制改正大綱 電子帳簿保存法

2020年12月21日に公開された、令和3年度税制改正大綱の中の、電子帳簿保存法周りについて、

一般的な考え方をまとめました。

電子化の推進と、日本全体の生産性の向上を狙って、承認制度を廃止し、自己責任・自立運用制に移行になる。

 

きちんとした手順を踏んで移行した方が、間違いが少なく、後の生産性向上を余すことなく享受できるので、王道と思います。

 

自己責任の範囲を良く見極めての判断になると思います。

対象の条文は5項目。

自己責任性、罰則強化については先に述べました。

(4)-②-ロは、電子帳簿移行が不可逆であることを述べているの、要調査が必要

(1)①、②よりは、③、④の条件を、税務署に確認して頂く必要があります。

(2)スキャナ保存については、大きく緩和されます。

この部分が、現行法では手間が増える部分でしたので、使い易くはなるでしょう。

(3)PDF等を用いた、電子取引もスキャナ保存と同等

(4)①は法を犯した時の、罰則を明記。重くなっています。

 

②-ハ:災害やその他のやむ得ない事情は考慮するが、それ以外は電磁的記録をする

②-イ:保存要件を満たさなくなったからと言って、捨てないで

②-ロ:何が何でも、電磁記録に残す。

 

(5)施行日は2023年4月1日

一般的な対応シナリオが2つ考えられます。

それ以外にもあるでしょう。

 

会社の状況に合わせて、選択していきましょう

 

2021/1/13 文責 渡辺勝也

お問い合わせは、下記よりお願いします

メモ: * は入力必須項目です