酒造品温モニタリングシステム


酒造品温モニタリングシステムは、酒造の酒母・もろみ工程における「品温管理」を支援。自動計測により現場の負担を軽減し、高頻度・高精度の品温データを収集することでもろみの状態を昼夜問わず見守れます。 酒造タンクの品温を事務所のパソコンで一括管理し、警戒温度になるとクラウド経由でスマートフォンに通知されます。さらに税務署対応のもろみ経過簿と製造帳の印刷も行える、酒造現場のためのソリューションです。

本システムは、スマートIoT推進フォーラム「IoT導入事例」にて紹介されています。

酒造品温モニタリングシステムが現場をサポート

酒造現場の課題

現場で働く杜氏・蔵人の負担を減らし、経験に頼っている部分を見える化したい。

 

●蔵にいない時はもろみの状況がわからず不安

●データの記録や帳票作成など、仕込み以外にかかる手間を省きたい

●仕込み事績は残しているが、紙ベースで分析や活用ができていない

●これまで職人が培った"勘"の部分は、次世代への継承がむずかしい

●現場まかせでなく、経営サイドも正確に仕込みを把握する必要性を感じている


もろみ日誌で解決

もろみの品温は、タンクごとに自動で収集し、事務所のパソコンに保存されます。どこにいてもスマホで品温の変化を確認でき、指定の温度を超えるとスマホに通知される機能もあるので安心です。過去の仕込みや目標とするBMD曲線を、仕込み中のグラフに重ねて表示することで、これまでの実績と現状を比較し、酒質の向上や安定化に役立てます。
蓄積したデータはもろみ経過簿や製造帳としてそのまま印刷、仕込み後におこなう税務署向け資料作成の労力削減にもつながります。

これまでベテランの経験に頼っていた仕込みの工程を見える化し、酒造りの知恵が詰まったデータベースとして資産にします。品温以外の日本酒度や酸度、アルコール度などのデータ入力は手入力で対応します。今まで紙でしか残していなかった仕込みデータを、ひとつのシステムでまとめて管理しています。状ぼう写真も登録し、これまで目で見て覚えていた部分もあわせて残します。
品温計測の自動化、仕込み現場のニーズに応えた機能で負担を軽減し、データベース化で次の世代への技術継承につなげます。

ご利用頂いているお客様のお声

開発元のラトックシステム様のHPにてインタビュー記事が掲載されています。

下記のボタンにて該当ページをご覧いただけます。


もろみ日誌導入による工程の変化

グラフをみて比較できる

もろみ関連グラフの表示、BMD目標との比較が可能

グラフは仕込みごとに表示。 BMDは入力データから自動で算出されます。理想のBMD曲線を目標値として入力すると、同じグラフ上に表示します。進行中の仕込みとダイレクトにグラフでの比較ができ、常に目標を確認しながらお酒造りを進められます。AB直線の表示にも対応しています。

過去のBMD・品温とのグラフ比較が可能

あらかじめ過去の仕込みデータを入力しておくと、仕込み中に参照と比較がおこなえます。すべてのデータを入力しない場合は、出来のよかった仕込みデータのみを入力し、今後の仕込みとのデータ比較に活用します。

帳票を印刷する

データをそのまま税務署対応の帳票に印刷

もろみ日誌のデータから、税務署対応のもろみ経過簿、製造帳を出力できます。

また、必要な項目が入力されていれば、製造歩合は自動で算出します。

酒質の安定化と向上、生産量の向上

きめ細かく精度の高い品温グラフで、より厳密に変化を把握

今まで見落としていたわずかな品温変化ともろみの状況との関係を見いだし、新たな品温パターンをノウハウとして蓄積。品質の安定化と向上、アルコール出来高の向上に活かします。1日2回の品温計測では進行管理が難しい新たな製品づくりにも挑戦できます。

BMD曲線など関連グラフも表示可能

日本酒度、アルコール、酸度など、もろみ管理に必要な関連データも本システムで管理。グラフ化し、品温グラフとあわせて総合的な分析をおこないながら、温度制御や追い水のタイミングを判断できます。


仕込をデータベース化し一元管理。デイリーバックアップ

品温や関連データを全て履歴として蓄積

すべての仕込をデータベースに保管。異なるシーズン・タンクの品温データを一元管理できます。また、過去の仕込データも手入力が可能となります。

万が一の時も安心なバックアップ

RAIDディスクは毎日、クラウドは毎週でバックアップ。運用中のHDD破損やデータ移行等の備えとして有効です。

状ぼう写真の登録が可能

数値とあわせて、もろみの泡の経過を写真で記録できます。

機材配置、構成の自由度が高いシステム

離れた場所への設置が可能

パソコン(Sub-GHz USBアダプター)と品温センサー間の最大距離は見通しで250m。蔵と事務所が離れていても、ケーブルの敷設なしに導入が行えます。

蔵の規模に合わせて構築

タンク1台分の品温センサーを含む基本構成に、タンク台数分の品温センサーを追加して構築。小規模でも手頃な予算ではじめられます。

品温センサーは設置しやすい電池駆動

各タンクに取り付ける品温センサーは、コンセントの位置を気にせず設置できます。

酒造品温モニタリングシステムのスマートフォンアプリもご用意(Windows / iOS / Android)

品温を計測するセンサー本体とパソコンは、無線(Sub-GHz)で接続します。センサーは各タンクに設置、複数センサーとPCを接続した運用が可能です。パソコン(Windows 10/7)には専用アプリ「もろみ日誌」をインストールします。スマホ/タブレットには、OS/Android版「もろみ日誌」をインストール。あらかじめPCから登録されたスマホ/タブレットでのみ、アラート通知の受信や品温データの表示、状ぼう写真の送信が可能です。もろみ日誌は信頼性の高いAWSサーバーを用いてシステムを構築しています


安心のバックアップ体制を整えています

ご購入の相談からシステム導入まで、安心のバックアップ体制を整えています。また、現場やお客様の声などの情報交換を継続し「もろみ日誌」を向上・改善していく予定です。

ラトックシステム株式会社との協業

株式会社ハートコンピューターは、IoT製品開発実績のあるラトックシステム株式会社(本社:大阪府大阪市浪速区、代表取締役社長:岡村周善)と協業し、酒造業向けIoTシステム「酒造品温モニタリングシステム」の販売を行っております。タンク1台分の品温センサーを含む基本構成に、タンク台数分の品温センサーを追加し構築するもので、小規模でも手頃な予算で始めることができます。

製品ページ:http://www.ratocsystems.com/products/subpage/moromi1.html

導入の際は技術者がお客様のもとに伺い、本製品の設置およびパソコンへのインストールとアプリの各種設定をおこないます。(技術者による設置・セットアップは有償になります)
また、開発をおこなう当社とは現場のお客様の声を共有し「もろみ日誌」を向上・改善しています。 

製品カタログのダウンロード

ダウンロード
カタログダウンロード
moromi.pdf
PDFファイル 1.3 MB